メインイメージ画像

オンラインショッピングによりコンタクトレンズも増えるでしょう

最近では眼鏡をかける人よりも、コンタクトレンズを購入して装着する人が増えています。

コンタクトレンズを購入する場合、眼科や眼鏡屋に行き、視力などの検査をして購入するのが一般的です。しかし、最近ではオンラインショップで購入する人が増えてきています。なぜ眼科や眼鏡屋に行かずにオンラインショップで購入する人が増えているのでしょう。

通常コンタクトレンズを購入するには、医者の処方箋が必要となってきます。しかし、オンラインショッピングで購入する場合、処方箋はいりません。なぜならコンタクトレンズは処方箋が必要な医薬品ではなく、高度管理医療機器という分類になります。元々眼科などで購入する場合でも処方箋の提示義務はありませんでしたので、わざわざ眼科や眼鏡屋など専門店に行く手間などを考えると、オンラインショップで好きな時に時間を取られずに購入できるので、オンラインショップで購入する人が増えています。また、店舗や専門店で購入するより、オンラインショップで購入したほうが安く購入できるという点もあります。店舗や専門店では、定価で売られている物がオンラインショップを見ると安く売られています。また、店舗や専門店まで行く費用もかかりません。しかし、オンラインショップで購入する場合、注意しなければならない点もあります。オンラインショップで購入する場合、安いのでまとめ買いする人が多いです。しかし、目の状態に変化が起こる事は珍しくはありません。ずっと付けていたメーカーから違うメーカーを少し試してみて、元のメーカーに戻ろうとすると合わなくなっていたという事は珍しくはありません。また、目にはベースカーブと度数があります。購入した時に合っていた視力も半年もすれば変わっている可能性があります。また、ベースカーブも重要になります。ベースカーブとは目の角度の事です。ベースカーブが合わないと、目を傷つけて視力の低下にもつながります。ベースカーブは人によって変わりますので、コンタクトレンズを購入するときに必ずチェックしなければなりません。ベースカーブは眼科に行き調べてもらうことができるので、必ず調べてもらいましょう。また、コンタクトレンズの種類には1日で使い捨てるワンデータイプ、2週間使える2ウィークタイプ、1カ月使えるタイプがあります。それぞれに共通して使用上の注意点があります。コンタクトレンズは必ず使用期限を守らなければいけません。ワンデータイプは1回外してしまうと使えなくなってしまうので注意が必要です。また、1カ月のタイプなどは使用開始日を何かにメモし、必ず使用期限を確認しましょう。使用期限が切れたコンタクトレンズを使うと、細菌の感染など目が病気になってしまう場合があります。最悪の場合失明に陥るので、使用期限は守る事が大事です。

最近ではカラーコンタクトレンズも人気となっており、普通のコンタクトレンズよりカラーコンタクトレンズの方がオンラインショッピングで出回っています。普通のコンタクトレンズよりカラーコンタクトレンズの方が種類は出回っており、芸能人がプロデュースした物からコンタクトレンズメーカーが出している物まであります。カラーコンタクトレンズはおしゃれの1つのアイテムとして取り入れられていますが、カラーコンタクトは普通のコンタクトレンズよりも注意が必要です。取り扱いなどは普通のコンタクトレンズと変わりません。カラーコンタクトレンズは、レンズの色が目に移る場合があります。また、安いからといって海外のサイトから購入すると基準を満たしていない可能性があります。オンラインショッピングで購入する際は、日本のサイトから購入する方が安全と言えるでしょう。コンタクトレンズの作りなど調べ、そのコンタクトが安全かどうか確認する必要があります。これからオンラインショッピングでは、コンタクトレンズの数がまだまだ増えていく可能性があります。自分が購入したいコンタクトレンズがある場合、そのサイトが本当に安全かコンタクトレンズの作りは大丈夫かを確認するようにしましょう。