メインイメージ画像

コンタクトレンズは適切なケアをすることが大切です

コンタクトレンズは、その素材によってソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズに分類されます。ハードコンタクトレンズは黒目よりも小さくて硬いレンズです。一方ソフトコンタクトレンズは、黒目よりも大きい柔らかいレンズです。また、ソフトコンタクトレンズは、使用期間によっても、1日使い捨てタイプ、定期交換タイプに分類されます。定期交換タイプには、2週間タイプのものと、1ヶ月タイプのものがあります。ハードコンタクトレンズは基本的に長期使用が可能です。

使用率がもっと高いと言われているのは、ソフトコンタクトレンズに分類される、1日使い捨てタイプですが、汚れや変形に対して弱く、1日で汚れてしまいます。しかし、1日で目から外すタイプなので、汚れが沈着する前に交換するため、コンタクトレンズを装着することに起因する目のトラブルが少なく、安全な使用が可能です。このタイプが、全てのコンタクトレンズの中でも最も費用がかかります。さまざまなデータがありますが、2週間タイプや1カ月タイプのものと比べて、だいたい3倍程度の費用がかかると言われています。しかし、週に1、2回しか使用しない場合は、費用を抑えることが可能です。また、1日で交換するため、何日コンタクトを付けているか、など気にする必要もないため便利です。また、コンタクトレンズのケアの必要がないため、洗浄液などのケア用品が必要ありません。2週間タイプのものと、1ヶ月タイプのコンタクトレンズは、目から外すたびにケアが必要で、それぞれ2週間、1カ月使ったところで、新しいコンタクトレンズに変えるタイプです。1日あたりの使用の費用は高すぎず、衛生面も、ある程度は保たれるタイプのレンズとなります。一方で、毎日のケアが必要となるため、ケア用品が必要となることと、手間がかかるのが難点です。また、日々のケアを怠ると目のトラブルの原因になることもあるため、注意が必要となります。その他にも、ハードコンタクトレンズや1日使い捨てタイプのコンタクトレンズと比較すると、酸素透過性が悪くなるため、目の乾燥が起こりやすくなります。

一方、ハードコンタクトレンズは、酸素透過性に優れており、目への酸素供給量が高いことが特徴です。黒目よりもレンズが小さいため、酸素供給がしやすくなるためです。また、レンズ自体が水分を吸収しにくいため、細菌が繁殖しにくい特徴があります。しかし、使い捨てタイプではないため、毎日のレンズケアは必要です。また、長期使用が可能なため、ケア用品は必要となりますが、経済的と言えます。欠点としては、ほんの小さなゴミでもコンタクトレンズを装着した目に入ると、激しい痛みを感じることです。また、装着してすぐはコロコロとした違和感があることがありますが、次第に慣れてくる人が多いでしょう。また、ソフトコンタクトレンズに比べると、目から外れやすいため、スポーツ時など激しい動きをする時には向いていません。

以上のように、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズにはそれぞれ、特徴があり、メリットとデメリットがあります。ソフトコンタクトレンズにも、その使用期間により、それぞれに特徴があります。多くの種類のレンズがあるため、清潔感、費用など、どの要素に重きを置くかによって、自分に合ったコンタクトレンズは変わってきます。また、使用頻度や目の状態についても考慮する必要があります。特に、初めてコンタクトレンズを購入する場合には、眼科を受診し、目の状態を診断してもらって、医師と相談しながら決めることが大切です。近年では、コンタクトレンズを装着する人の割合は年々高まってきていますが、それに伴い、コンタクトレンズの装着に起因する眼障害のトラブルも年々増えてきているので、自分に合ったコンタクトレンズを選択し、適切に使用することが、快適にコンタクトレンズを使用する上で何よりも重要となります。